ギモン解決☆社員の健康管理システム

比較ポイントが多い健康管理システムの選び方

皆様の企業では、健康管理システムを導入しているでしょうか。社員の心身の健康を管理して守っていくことは、健全な経営をしている会社であるというイメージ戦略と同時に、実際の生産活動に関しても非常に重要です。

健康管理システムの導入に関してはその目的や自社のシステムとの相性、さらには導入に関してのコストまで比較すべきポイントは多岐にわたります。そうしたポイントを1つ1つ比較している暇がない、自社に本当に合うものを導入して失敗が無いようにしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

そんな方たちは当サイトで情報を確認することをおすすめします。当サイトは、健康管理システムの目的やシステムの概要などの情報を掲載して、どれを導入しようか悩んでいる担当者の方などの参考になるようなつくりになっていますので、是非参考になさってください。

株式会社エヌ・エイ・シー

健康診断データを統一フォーマットに集約できる
シンプルで操作が簡単に行える
システム導入時の費用もお得

企業では社員の定期健康診断を実施して健康管理を行っています。社員の人事情報データと健康診断結果を一元管理する際に健康管理システムを導入しますが、この際には株式会社エヌ・エイ・シーのサイトで検討される事がお勧めです。

この会社の提供する健康管理システムは一つのフォーマットに統一する機能を有しており、データの並び替えなど業務負荷を減らす事が可能です。また、健康管理業務を行う実務者が使い易い様に、シンプルで判り易い特徴を持っています。

株式会社エヌ・エイ・シーはシステムを導入する際の初期導入費用がお得になっています。お問い合わせメールで24時間受付しており、営業時間内は電話でも対応しています。

株式会社インテージテクノスフィア

各拠点の健康管理進捗を把握できる
独自基準で健診結果を自動判定する
各種の健康情報を経年管理できる

会社では社員が健康で働き続けられる様に定期健康診断の実施など様々な取組みを行っています。会社は複数の拠点が有るなどで健康管理システムを導入するケースが多いですが、この際には株式会社インテージテクノスフィアの検討がお勧めです。

この健康管理システムの特徴としまして、拠点毎の健康管理進捗を効率的に実施可能な事に加えて、再検査状況など事後フォローの進捗も記録を確認して対応可能です。また健診結果の判定を独自基準で付与することも出来ます。

さらに、各種健康情報を個人データに紐づけて管理しますので、各種情報が履歴一覧で閲覧可能です。別会社への異動が有っても連続データで一元管理できます。

株式会社日立製作所

健診結果などの入力や管理の工数を低減できる
各社に最適なシステムを低コストで実現する
強固なセキュリティで情報を保護する

社員の健康管理を実施する為に企業では定期的な健康診断を実施しますが、社員の人事情報と健康診断結果などの情報について一元管理を検討される方は、株式会社日立製作所の健康管理システムを利用される事がお勧めです。

株式会社日立製作所の健康管理システムは人事情報や健康診断結果、勤怠情報のデータを取り込んで、帳票にまとめて出力する機能を有しています。また会社で保有する既存システムに最適なシステムをスピーディーに低コストで実現する事が出来ます。

人事情報は暗号化を行い、健康情報は匿名化してクラウドに格納する匿名バンクの管理システムで、強固なセキュリティを確保しています。システムはクラウドの利用で低コストにて運用可能です。また問合せはメールで24時間受付しており安心です。

株式会社アルファインターナショナル

会社の規模に応じて最適なシステム構築が可能
健診データの一元管理や経年管理をできる
システム導入後の各種サポートが充実している

企業においては社員の健康管理を実施する事が義務付けられており、定期健康診断を実施しています。健診データの一元管理等で健康管理システム導入を検討される方は、株式会社アルファインターナショナルの検討がお勧めです。

この会社の健康管理システムは社員の人数や拠点数の多さなどに応じて、最適なシステム構築を図る事が可能です。健診データをシステムに取り込んで一元化を図り、市販のソフトウエアを用いるなどして集計や解析を行います。

株式会社アルファインターナショナルは健康管理システム導入後のシステム保守を実施しており安心です。問合せはメールでの24時間受付けに加えて、平日にフリーダイヤルで10時から18時まで対応しています。

株式会社アイシーエス

準備から結果通知まで業務を効率化できる
健康診断結果の年間推移から指導を行える
集計や報告書作成を効率化できる

これから社員の健康管理システム導入を検討されている方は株式会社アイシーエスを利用検討する事がお勧めです。このシステムは健康診断の対象者抽出や、診断結果を通知するなどの業務を効率化してゆく事が可能です。

また株式会社アイシーエスの健康診断システムは、社員一人毎の健康診断項目データを5年間にわたり推移グラフを作成できますので、健康診断の総合判定を実施する際や、健康相談を行う時の指導などに活用する事が可能です。

株式会社アイシーエスはメールで問合せを24時間いつでも受付けしており、問い合わせフォームはお客さん毎にフォームを分けています。また電話での問合せにも対応しています。

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント

企業のメンタルヘルスケア対策支援の実績が豊富
健診結果をWEB上で一元管理できる健康管理システムを提供
専用フォームから問い合わせや資料請求が可能

こちらの株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントは、企業のメンタルヘルスケア対策支援の豊富な実績を持っている会社です。各分野に特化した様々な専門家が揃っていて、メンタル面の課題の可視化を実現させてくれます。スピーディーに適切な改善策を提案してくれるため、安心して相談することが可能です。

健診結果をWEB上で一元管理できる、アドバンテッジ健診結果管理システムを取り扱っています。こちらの健康管理システムを導入することで、管理者はシステムで一括管理されたデータを目的ごとに検索して抽出でき、社員は24時間いつでもインターネットで健診結果を閲覧することが可能です。

専用フォームから問い合わせができ、相談すれば悩みに合わせた改善プログラムを提案してくれます。また、アドバンテッジ健診結果管理システムの資料請求も受け付けているので、詳細を知りたいときに役立ちます。

社員にとっても魅力的な健康管理システム

実際のところ、会社で働き続けている社員にとっても、健康管理システムは、会社側が健康を管理してくれるので、非常に魅力的なシステムだといえます。会社が雇っている看護師、そして保健師等といったしかるべき資格所有者が、健康管理を行うのが基本です。健康管理システムがスムーズに確立されていれば、保健師や看護師などの資格所有者の負担も減らし、とにかく効率よく健康管理を行うことができるでしょう。しっかりとしたタイミングで健康診断を行い、時としてストレスチェックを行うことができます。そのシステムを会社の中だけで確立させるのが難しいと感じているなら、業者に委託して、相談に乗ってもらうのが無難です。百戦錬磨の頼もしい業者に声をかければ、確実に健康管理システムの作業効率化を図ってくれるでしょう。

実際のところ、社員の数に比例して、健康診断などを行うための要員も増やす必要があります。それを考えると、規模が大きくなればなるほど、確かに健康管理システムには、大きなコストが発生してしまうはずです。そうなることを未然に防ぐためにも、少人数で効率化を図ることができる業者に声をかけ、相談に乗ってもらうのが良いでしょう。データを簡単に共有できるクラウドのサーバーを提供してくれたり、メールのオートメーション化の手伝いをしてくれたりします。社員が大人数であるにもかかわらず、こういった業者を利用すれば、少人数の資格所有者だけで対応することが可能です。効率化を図るだけではなく、大幅なコスト削減にもつながるので、社員にとっても、そして会社にとっても大きなメリットがあると言えるでしょう。

また、会社に健康診断等ができる資格所有者がいないのであれば、最初から全てを業者に委託させることができます。レベルの高い医師免許取得者、さらに看護師等が在籍している業者に声をかけて、彼らを定期的に派遣してもらうと良いでしょう。義務付けられているストレスチェックに関しても彼らに実践してもらうことができます。また、たいていの会社で定期的に行っている健康診断に関しても、そういった業者にお願いをすれば実践してもらうことが可能です。全て任せてしまうことになるので、当然ながらそれ相応の料金がかかってくるでしょう。ただ、そこでお金を支払うことにより、社員の健康を維持できるわけですから、会社全体の品質維持につながることを考えても、ここにお金を支払う価値は大いにあります。

▲ ページトップへ