お勧めの介護求人サイトランキング

第1位 介護求人アイランド

  • 全国各地から求人情報が集まる介護求人アイランド

  • 安心の介護求人、厚生労働省認定の優良派遣事業者

  • セミナーや各種講座の開催もしている介護求人サービスです

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人アイランドに対するみんなの口コミ

初めて就職した介護福祉施設がブラック企業で、転職を決意しました。次こそは、ちゃんとしたところに就職したかったので、求人サ...
私は今まで介護とは全く仕事に就いておりましたが、昨今の介護職の人材不足に少しでも力添えできれば、と介護職へ転職しました。...
介護職の求人サイトの中でも、特に求人掲載数が多く、介護士や介護福祉士、介護事務など就業形態もたくさんある中から選べるのが...

東証一部上場企業のグループ企業が運営するサイト

介護求人アイランドの運営会社は、東証一部上場企業のグループ企業である、株式会社セントメディアです。セントメディアでは、介護士や介護福祉士の方が転職活動に専念できるように、スタッフ一人一人が使命感を持って仕事に取り組んでいます。

第2位 介護求人ナビ

  • コラムや体験談でイメージしやすい就職・転職活動

  • アプリでらくらく!就職・転職活動ができる

  • 介護求人ナビは就職・転職ノウハウが豊富で安心

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人ナビに対するみんなの口コミ

今回、初めて介護求人ナビを利用して転職を決めました。職種や持っている資格、雇用形態だけでなく、勤務地や居住地からも求人を...
私は地方出身者なのですが、どうしても地元で介護職に就きたくて、地方の都道府県でも、介護の求人情報が多数載っているこのサイ...
私は今働いている職場より、もっと自分に合った職場や雇用形態を求めて、このサイトを利用しました。同じ内容でアプリにもなって...

詳細な情報が掲載されている介護求人ナビ

給与データなど、求職者が必要としている詳細な情報が掲載されています。月替わりの企画や職種の特集などでも、求職者をサポートします。

第3位 e介護転職

  • 常に新しい求人情報がたくさんあるe介護転職

  • 写真や動画で職場の雰囲気が分かる転職サイト

  • 手間いらず!登録不要で応募、問い合わせが可能です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

e介護転職に対するみんなの口コミ

私は介護に関する資格は持っていないのですが、介護職に就きたいという気持ちが強く、転職に踏み切りました。e介護転職には、介...
検索の仕方がとても多彩で、特に、会社名や事業所名からも検索できるのがよかったです。また、検索したあとの求人情報も、雇用形...
介護職って、介護士や介護福祉士、介護事務、ケアマネージャーなどの介護に直接的に関わる仕事だけでなく、送迎ドライバーなどの...

地元で介護職に就くならe介護転職

運営会社であるセントケアグループは、全国500ヵ所に拠点を置く大グループです。そのため様々な地域で介護職の求人情報が探しやすくなっています。

第4位 カイゴジョブ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

利用者数45万人以上のカイゴジョブ

利用者数45万人以上を誇る介護求人サイトです。その秘密は、東証一部上場企業の株式会社、エス・エム・エスが運営していることと、好条件・好待遇な求人情報が多いことにあります。

第5位 介護求人パーク

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

介護求人パークならではの仕事探しの手順

このサイトでは独自の求職者と採用者間の連絡方法をとっています。求職者が求人情報を見て採用者に「いいね!」し、求職者の情報を見た採用者から「いいね!」という手応えがもらえるというものです。その後、求職者は求人現場を見てから応募を決めることができます。

まずは履歴書を書こう!

水やり介護士に限らず就職や転職の際に、必ず必要になるものと言えば履歴書ですよね。就職活動を始めるにあたって、よし書こうと思ってもなかなか筆が進まないなどという事もありがちなのではないでしょうか。
履歴書で伝えるべき重要なポイントは熱意や情熱です。初歩的な事ですが、履歴書はボールペンなどの消せないペンを使用し、手書きで丁寧に書いてください。そして、字がきれいがどうかよりも丁寧さを心がけてください。特に重要になのが、志望動機の記載です。熱意や情熱をありったけ込めて正直な気持ちを書いてください。
もしスムーズに書けないのであれば、なぜ希望しているのか?についてもう一度じっくり考えてみてください。ありきたりで抽象的な事を記載しても、何のアピールにもなりません。出来る限り具体的に、事例などを挙げて記載してください。募集が多い場合などは必ず履歴書である程度まで選考します。「この人の話を聞いてみたい」と思われないようでは、面接に進むことは出来ません。自分の履歴書に自信が持てないようなら、求人サイトなどを参考にするというのも1つの方法です。
ただし、丸写ししても気持ちはこもりませんので、あくまでも自分の言葉で書くことがコツです。自信を持って履歴書を書いてくださいね。

気になる!介護職のお給料

汁物を食している老人介護職の給与と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。例えば「しんどい割に安い」「割に合わない」などのようなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
求人を見ると、ある程度の事はわかるのではないかと思いますが、割に合わないという意見はある意味事実です。介護職は介護の専門職です。ただし、介護職は条件的には誰にでもできる仕事でもあります。例えば看護師の場合、看護師の資格を保持していないと出来ない業務があります。介護職にはそれがないため、未経験で何の資格を持っていなくても介護職として働く事は可能です。その為、介護職の場合は今までの経験や保有資格、勤務条件などによってかなり給与の額が変わってきます。
特に未経験で無資格の場合は正社員の採用であっても、とても給与が低い場合もあり得ます。それとは逆に介護福祉士の資格を保有している方や、リーダー的な役割を担うスキルをお持ちの方はいい条件で採用されることも多いです。未経験の場合、最初は派遣で働くという選択肢もあります。
その他多いケースとしては、介護福祉士の資格を取得したのちにいい条件の職場に転職するというパターンもあると思います。別の言い方をするのであれば、努力が給与に反映されやすい職種と言えるのかもしれません。

介護で働いている人の年齢は?

車いすに乗った女性と介護士介護職の求人をご覧になったり、介護士への転職や求人への応募を検討されている方にとって、年齢は気になるポイントの1つではないかと思います。実際のところ介護の仕事をされている方の年齢はどうなのでしょうか?
平成27年度介護労働実態調査(公益財団法人介護労働安定センター)によると、介護の仕事に従事されている方の平均年齢は46.3歳となっています。他の業種は概ね40歳前後が平均年齢となっており、それと比較すると高い水準となっています。
特に訪問介護員に限定すると、平均年齢は53.0歳です。年齢を気にされている方にとっての不安は、体力的に大丈夫なのかという事や、自分以外若い方ばかりだったらどうしようというものではないかと思います。介護の仕事の場合、事業所によって考え方や働き方がかなり違います。職員を雇う際の考え方も違います。専門職ですので、年齢以上に採用を検討するにあたって検討すべきポイントが沢山あります。
実際に、60歳を過ぎて施設で夜勤を含めた勤務をされている方もいらっしゃいますし、訪問介護員としていきいきと働いている方もいらっしゃいます。それでも不安であれば面接などの際に職場見学ができる事業所も沢山ありますので、確認してみる事をおススメします。

介護職は男性が多い?女性が多い?

笑顔が素敵な夫婦介護士への転職を検討されている特に男性の方は、男性でもやっていけるかどうか不安に思っているかもしれません。介護保険サービスの利用者は、女性の方が多いです。提供するサービスの種類によっては、女性の方が歓迎されるものもあります。
例えば訪問介護員の場合、実際に利用者の自宅でサービスを行いますので、女性の利用者は女性の訪問介護員を希望する場合が多いのが実情です。その為、訪問介護員として働いている介護士は需要の関係で女性が多くなっています。一方で介護保険施設などの場合利用者は重度の方が多く、身体介助の場面においては力が必要となるケースもありますし、女性の利用者であっても男性職員の方が安心するといった声も多く、男性の活躍の場が多くなります。とはいえ介護士は派遣やパートの方も多く、そういった方は女性が多い事もあり、全体でみると女性の介護士の方が多くなります。ただしこれは結果論であって、介護現場ではさまざまな利用者に対して支援を行いますので、介護士の場合性別はあまり関係ありません。
性別よりも、経験や技術・スキルが重視される仕事です。そのため、より良いサービスの提供にあたっては、性別よりも利用者との信頼関係の構築が重要となります。

▲ ページトップへ